出会い系サイ アプリ 人妻 熟女 セフレ 出会う方法 出会い体験談ブログ

出会い系サイト・アプリで熟女・人妻と出会う方法

【出会い系体験談ブログ】本当に出会える!出会い系サイトに感謝。アラフォー美魔女とデート


※このブログで掲載されている画像はすべてイメージ画像です。実際に僕が出会った女性たちのものは一切使用しておりません。

今回のお話は【体験談】アラフォー人妻と不倫デートするならこっそり出会える場所のつづきです。

 

■出会えたサイト PCMAX

 

■39才 人妻  性格は明るくよくしゃべるが、じつはかなりの恥ずかしがり屋で人見知り

 

■結婚歴16年

 

■スレンダーでやや貧乳

 

今回のお話の目次

◆美魔女な人妻との居酒屋デート

2度目のデートの約束をすることができたのですが、彼女のほうが積極的に会おうと言ってくれました。あまり時間をおくと気持ちが冷めてしまうので、なるべく早い段階で会っておきたいところ。

 

今度のデートは夕方の6時に街で待ち合わせとなりました。働く女性の場合、仕事の都合ということにすれば、こんな時間帯でも外にでることができるのがうれしい。

 

待ち合わせの場所に現れた彼女、スレンダーな美魔女のY美はスリムなジーンズを履いていて、ある意味スカートよりもお尻や脚のラインが強調されています。彼女なりに脚線美には自信があるんでしょうね。

 

あらかじめ調べておいた、食事もできる居酒屋で2時間ほど、ビールとサワーを飲みながら、いろんな話をしました。

 

店を出たあと、なんとなくお互いの会話がギクシャクしていることに戸惑いつつも、あまり人が通らない一本裏道を歩きながら、ごく自然に手をつないでいました。

 

 

 

◆道端で突然のキス。彼女の揺れる気持ちが伝わってきた

つないだ手を、すこしキュッと握りなおすと、彼女もそれに応えるように握り返してくれました。

 

言葉で確認するよりもハッキリと、お互いの意思を確認できたようで、ちょうど街灯がの明かりが切れるところにさしかかったとき、立ち止まるなり彼女にキスをしていました。

 

彼女の唇からは拒否は感じられなかったけど、すこしのためらいもありました。

 

「初めて会ったときね、夢みたいだったよ」

 

僕が囁くと「・・・?」すこし不思議そうな彼女へ、

 

「こんな美人に会えるなんてね。今でも信じられないけど、ホントにゆうりんさんだよね?」

 

彼女の出会い系サイトの中でのニックネーム、「ゆうりん」で呼ぶと少しだけ微笑んでくれましたが、すかさずまた口づけ。今度は彼女の背中に手を回して、キスというより前戯のような抱擁。

 

「ん・・ん・・。」

 

Y美の唇からは甘い吐息が漏れていました。それはセックスを受け入れるサインのようにも感じました。ここからはもう僕も遠慮はしないし、興醒めしないうちにサッサと行動します。

 

近くにホテル街があるのも事前に確認してたし、彼女を支えるように目的の場所へ歩き出しました。

 

ラブホテルに入ってからは二人とも無言でしたが、おずおずと彼女の方から先に体を洗いたいと言われたので、残された僕はぼんやりと部屋のなかの大きめのモニターに映る画像を眺めていました。

 

一度セックスしたからと言っても、別に気持ちをモノにしたわけではないだろうし、これきりで終わりにしたい、なんて言われることも十分ありえます。

 

なにせ、こういう浮気や不倫には免疫のない人妻ですから、次の日になって、とんでもないことをしてしまった!などと自分を責めることもありますし、過去にもそういうケースはありました。

 

 

 

◆人妻を落とした達成感は挿入する前に味わう

少し長めのシャワーから出てくると、ボディシャンプーのいい匂いとふんわりした彼女自身の薄い香水のような匂いが僕の鼻をくすぐってきます。これぞ熟れた女の魅力ですね。

 

手早く僕も体を洗って出てくると、意外にもY美は体にバスタオルを巻いたままで小さめのソファーに座り、自分のスマートフォンをいじっていました。

 

「時間・・。大丈夫?」

 

「うん、大丈夫。メールしたから。」

 

隣に座るなり彼女の唇を奪います。バスタオルもさっさと外してしまい、胸元へ手を伸ばし、やんわりと乳房を包みます。

 

小ぶりだけど、意外にも張りのあるオッパイですが、ポッチリと突き出た可愛い乳首をつまむと、ビクリとして重ねた唇が外れそうになります。

 

舌を絡ませ、顔を押さえながらY美の口の中では二人の唾液が混ざり合っていきます。はだけたバスタオルの下からはいきなり僕がY美の股間に手を伸ばしたので、白くて細い太ももがキュッと閉じようとします。

 

優しくこじ開けながら彼女のマンコに指を這わせ、中指で割れ目の奥を探っていくと、案の定、ぬるっと僕の指が滑り込むことができ、

 

「ん、あぁ・・・。」

 

彼女の口からは迎え入れるかのような喘ぎ声が漏れ、あとは時間をかけて他人棒を受け入れられるよう愛撫していくだけ。「入れて」と催促されるまでは僕の方からは挿入しませんし、

 

催促されたときが、僕なりの「この女を落とした!」と実感できる瞬間なんです。これこそ、金を払って風俗に行っても絶対に味わえない、女をモノにした達成感です。

 

「はぁぁ・・。」

 

彼女の秘部をクチュクチュと愛撫し続ける僕の右手を、Y美の手がゆっくりと触れてきます。前戯はもうやめてほしい、とでも言いたげな仕草です。

 

「・・・したいの?」

 

と聞くと、掴んだままの僕の腕をキュっと握ってきました。薄暗がりのなかで小さな声で

 

「・・して・・。」

 

と短く答えてきたとき、僕もガマンの限界でした。

 

 

 

◆9年ぶりの男性器は痛かった・・?

カサカサ、っとコンドームの包装を破るヤボったい音が流れるなか、彼女のうち太もものスベスベした柔らかいところを撫でながら、準備ができるなり、

 

Y美の秘部に「ヌルリ」と亀頭部分が埋め込まれ、続いて一気に根元までペニスを彼女の子宮めがけて突き進めた瞬間、

 

「あうっ!!ん・・ん!!」

 

あまりにも鋭い声が吐き出されたので、僕も驚いてピストンはできず、「どしたの?ゴメン、痛かった?」と聞くと、

 

「ぅ・・やさしく・・して」と言われてしまった。

 

後で知ったことなんだけど、女性って、長い間セックスしてないと、膣の筋肉が収縮したりで、「性交痛」という症状のために挿入されると痛いことがあるんだとか。

 

Y美の場合は、実に9年ぶりの性交のために痛みが出てしまったようでした。そのときの僕は、彼女がしっかりと濡れてくれていたので、

 

病気なのかな?と心配になってしまい、派手なピストンもせず、中に入れたままで彼女にキスをしたり、手を握ったりしながら、射精をすることもなく二人の初エッチは終わってしまいました。

 

人妻とセックスしていると、久しぶりにのエッチでうまく感じることができず、そのまま自身を無くしてしまい、セックスを敬遠してしまう女性もけっこういます。

 

 

続きを読む>>【体験談】出会い系サイトでSMパートナーを見つけるハメになった人妻

 

 

 

このブログの目次

☝️ここで会えなきゃ諦めるしかない?!

⇒僕が出会えた出会い系ランキング

☝️これだけは絶対に押さえておきたい

⇒出会い系サイト攻略法

☝️全て実話!管理人の体験談
☝️このブログ書いたヤツは何者?

⇒管理人 プロフィール

☝️サイトマップはこちら

🏠TOPにもどる

 

管理人の体験談ブログ

この記事に関連する記事一覧