出会い系サイ アプリ 人妻 熟女 セフレ 出会う方法 出会い体験談ブログ

出会い系サイト・アプリで熟女・人妻と出会う方法

【出会い系体験談ブログ】コミュ障な人妻に使った口説き文句


※このブログで掲載されている画像はすべてイメージ画像です。実際に僕が出会った女性たちのものは一切使用しておりません。

今回のお話は【体験談】出会いを求めない人妻の落とし方のコツはlineスタンプ?のつづきです

 

 

■出会えたアプリ→ 【公式】ハッピーメール(18禁)

 

■出会った女性 →36才人妻

 

■タイプ →とにかく巨乳w

 

■使ったポイント →2000円足らず

 

 

今回のお話の目次

◆秘密を共有。そして突然の告白

「2回目のデート」という名の不平不満の吐き捨て大会がスタート(笑)場所は前回と同じ待ち合わせ方法。

 

2回目ということもあったし、lineでしっかりとやり取りしていたので、彼女もリラックスして僕のクルマに乗り込んできました。あとは前回と同じく負のオーラがぶちまけられ続けるドライブ。

 

ですが、僕が突然、「あのね、K美さん、実は、申し訳ないんだけど、僕のlineを嫁に見られたりかもしれないんだよね・・。」「・・・!」いきなり黙り込む彼女。

 

けっこうきわどい内容もやり取りされていたんで当然ですね。既婚者同士の秘密のやり取りが詰まったメールの送信履歴。浮気の決定的証拠としてはこれ以上のものはないかもしれません。
「どうなったの?でも大丈夫よね・・。別になにもないし・・。」ひどく怯えたような彼女に、

 

「ウチのヤツはけっこうクレームとかガンガン言う奴なんで厄介なとこがある。でも、K美さんが協力してくれれば大丈夫。それに・・・・。」

 

「それに・・?どうしたの?」
「僕ね・・・。ゴメン!!」

 

いきなり彼女の方を向くなりかなり強引に唇を奪いました。手をバタバタと動かして拒否しようとするのを押さえて

 

「好きになっちゃった」

 

と彼女の目を見つめながら言うと、
「え・・?でも奥さんにバレたんでしょ?」

 

「うん、だから、もう会えないかもしれない。でもね僕らって相性がいいでしょ?もう2度とK美さんみたいな人に出会えないかもしれないから、思い出が欲しい」

 

かなり強引というか、ほとんどメチャクチャな口説きですが、lineの内容が見られたという動揺から立ち直ってない状態からのキス。

 

だけどそれを非難しようにもlineの中では浮気のやり取りとも取れる内容がいっぱい。

 

彼女自身もそんな騒ぎを起こされたら大変なことになる。どうしよう?迷いながらも僕とのキスはまだ続いています。

 

 

 

◆最後は泣き落とし?かっこ悪くてもちゃんと巨乳をモノにしました♪

キスをしたり手を握ったりで、K美さんも体を動かさずに受け入れてくれていました。

 

「僕らの一生分の思い出を作ろう」僕がそんな歯が浮くようなことを言った時、彼女はなにも言わずに黙り込んでいました。僕と交わしたlineのやり取りの数々。

 

好きになったと告白されながら、もう2度と会うのはやめようと一方的に言われ、少しでも恋愛スキルがあれば、見え見えと取れる口説き文句に、彼女の心は動いてしまったのでした。

 

後で聞いたことなんですが、その日に朝も姑さんにグチグチと言われてイライラしていたようで、頭は弱いのに体だけは丈夫、というこの姑さんが、この先いつまで生きてるんだろうって、彼女は考えて、寒気がしたんだそうです。

 

僕にとってはラッキーなことですが、臆病な彼女にとって、「後がない」「次がない」という言葉がグルグルと回りながら、夫への当てつけも含めて体を許してしまったんでしょう。

 

 

ラブホテルのベッドの上で、彼女は僕にしがみつき、涙ぐんでいました。

 

「僕もツライよ・・。なんでもっと早くK美さんと出会えなかったんだろうって」

 

ベタベタの口説きを入れながらも巨大な彼女のオッパイの先にある長めの乳首を口に含んでおりました(笑)
なんせデカい。両手で持ってもはみ出るビッグなオッパイ。色白で血管が浮くくらいの透き通るような肌に舌を這わせ、そのまま秘部まで下りていくと、

 

両膝を持つなりガバッと股を広げさせヌルヌルと愛液を分泌させているK美のおマンコをタップリと味わいました。女性によってそれぞれ違う匂い。

 

鉄分っぽい味でしたが、奥のヌメヌメとして入り口の小さな秘部にしっかりと僕のペニスを突き立ててやりました。

 

セックスそのものは単調というか、すぐに飽きちゃいそうな彼女の反応でした。ですが、人妻が自分の意志で夫以外の男を受け入れる瞬間の葛藤や、堕ちる瞬間の征服感は味あわせてもらいました。

 

 

 

◆彼女とはその後・・・

彼女とは一回きりのエッチで終わりましたが、どうにかして連絡を取り続きようとする彼女に

 

「これ以上は限界。疑いを晴らすにはおとなしくするしかない」

 

と冷却期間を持つよう説得し、それきりでフェードアウトとなりそうです。彼女のようなタイプはセフレには向きません。

 

なぜなら、愛人体質な女性というのは、どこかしら男性から自立している部分が必要だと僕は思っていて、今回のK美さんのような基本的に自分のことしか考えられないような女性は、

 

1つ間違うと逆恨みをして、陰湿な復讐なんかを考えると思ったからです。

 

何よりも、彼女のグチ、悪口を長々聞かされるのは精神的にキツい(笑)

 

巨乳を好きにできるのはいいけど、もっと性格が良くていい体をした人妻はいくらでも探せます。

 

利用するのはネットですから。

 

今回の出会いはサイトに登録したての新人さんならではのおいしいものでした。

 

 

他の男性会員の手垢がついてないフレッシュな人妻も、

 

サイトの検索機能などをうまく活用すればすばやくみつけることができますよ^ ^

 

 

 

 

このブログの目次

☝️ここで会えなきゃ諦めるしかない?!

⇒僕が出会えた出会い系ランキング

☝️これだけは絶対に押さえておきたい

⇒出会い系サイト攻略法

☝️全て実話!管理人の体験談
☝️このブログ書いたヤツは何者?

⇒管理人 プロフィール

☝️サイトマップはこちら

🏠TOPにもどる

 

管理人の体験談ブログ

この記事に関連する記事一覧